壁面緑化とは!?メリットや施す際の注意点を解説!

壁面緑化とは!?メリットや施す際の注意点を解説!

建物の壁一面を植物で覆う壁面緑化は、建物の壁を植物が覆った状態にすることです。文字通り壁一面が緑になり、個性的な建物となります。基本的には耐久力が高く、広い面積をカバーできる、つる性の植物が選ばれます。そして、最初から十分に成長している植物を数多く設置する方法が一般的です。また、つる性の植物は支えが…


建物の壁一面を植物で覆う

壁面緑化は、建物の壁を植物が覆った状態にすることです。文字通り壁一面が緑になり、個性的な建物となります。基本的には耐久力が高く、広い面積をカバーできる、つる性の植物が選ばれます。そして、最初から十分に成長している植物を数多く設置する方法が一般的です。また、つる性の植物は支えがあれば高いところまで自然と伸びていくため、ワイヤーを張ったり柱を立てたりして成長をサポートし、少しずつ壁面緑化を進めていくという方法もあります。

色々なメリットがある

日光が直接当たる壁は、日中高温になりやすいです。そして、その壁で生まれた熱は、建物の温度を上げてしまいます。そこで壁面緑化を行うと、植物に日光が当たる形になります。植物にはある程度温度調整を行う機能が備わっているため、建物内の温度上昇を防げます。日光による建物内の温度変化が少ないので、空調にかかるコストも少なく済むでしょう。さらに、無機質な壁面よりも、緑に覆われている壁の方が、見る人に安らぎを与えます。

メンテナンスは欠かせない

壁面緑化で使用する植物の成長は、ある程度コントロールできますが、基本的には伸び放題です。もし、そのまま放っておくと、不格好な見た目になってしまうかもしれません。また、植物は病気になったり、虫の発生源になったりする恐れがあります。そのため、剪定や薬品の散布など、定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスは施工を任せたところにそのまま依頼できることもあるので、壁面緑化をどのように管理していくのかはあらかじめ決めておきましょう。

壁面緑化とは、建物の壁を植物で覆うことです。断熱保温効果や空気の浄化などが期待できます。夏は涼しく冬は暖かい空間を手に入れられ、環境にも良いのでオススメです。