贈る前にチェック!カタログギフトのメリット・デメリット

贈る前にチェック!カタログギフトのメリット・デメリット

カタログギフトのメリットカタログギフト最大のメリットは、贈られた相手がカタログの中から自由に品物を選べることです。ギフトを贈る際、「何を贈れば相手に喜んでもらえるのか」と考え品物選びに迷い悩むケースがよく見られます。カタログギフトは1冊のカタログの中にさまざまな品物が掲載されており、受け取った人がこ…


カタログギフトのメリット

カタログギフト最大のメリットは、贈られた相手がカタログの中から自由に品物を選べることです。ギフトを贈る際、「何を贈れば相手に喜んでもらえるのか」と考え品物選びに迷い悩むケースがよく見られます。カタログギフトは1冊のカタログの中にさまざまな品物が掲載されており、受け取った人がこの中から自分の欲しいものを選んで注文するという仕組みです。そのため、相手が求めていない品物を贈るリスクがなく、外さないギフトとして人気があります。また、特定のブランド品を集めたもの、お祝いシーンに合わせたものなど多くの種類があり、さまざまな選び方ができることもメリットと言えます。価格帯も豊富なので、カタログギフト自体は冊子の形状で非常にコンパクトなのでかさばりません。このサイズ感を活かし、手軽に持ち運べる引出物としてもよく活用されています。

カタログギフトのデメリット

カタログギフトのデメリットは、受け取った相手が品物の注文をしなければならないという点です。実際の品物を受け取るためには、カタログから品物を選び、ハガキやメールなど指定の方法で注文をする、このような手間が発生します。また、カタログギフトには品物を注文する期限が設けられています。この期限を過ぎてしまうと、希望の品物を受け取れない可能性も出てきます。人によってはこういったカタログギフトの仕組みを面倒だと感じる可能性もあるため、贈る相手にカタログギフトがマッチするかしっかり考えた上で用意しましょう。

内祝いとは結婚や出産などのおめでたいことや喜びをお裾分けするため、親族などに贈り物を配る習慣のことです。